販売店の仕事内容は多彩

腕時計着けた人

ロレックスの販売店ではさまざまな業務が存在しているため、どのような業務を行っているのか確認しておきましょう。まず第一に最も重要な業務とされているのが、来店してくれたお客さんにロレックスを販売する業務です。商品ごとの特徴を把握し、商品について紹介し、お客さんに納得して買ってもらえるようにするのが最も大きな業務といえます。商品に対して具体的にどんな機能があるのか、どんなシーンで使いやすいのかなどを、例を交えて説明することで購買意欲をかきたてることが目的です。実際に購入する人に対しては保証書を発行し、定期的なメンテナンスについて具体的にアドバイスするのも仕事となっています。また、購入者だけではなく、他店で購入した人のロレックスのオーバーホールを請け負うのも、大切な仕事のひとつです。オーバーホールは定期的に行わなければ時計本来の動きをなさなくなってしまう可能性や、故障の原因ともなりかねません。定期的に有償でオーバーホールを行うことで、時計をずっと大切に使い続けられるようにするサポートも必要とされています。なお、オーバーホールだけではなく、何らかの原因による故障修理も受け付けているのも、販売店の仕事です。さまざまな仕事を行っていますが、時計を販売し、大切な時計をずっと使い続けられるようにすることが主な仕事といえるでしょう。

機能や装飾を確認して買う

腕時計

どんなロレックスを購入したらいいのか、迷う人も少なくないため、ある程度の種類を把握しておくことが買う決め手となるでしょう。高級腕時計メーカーといったイメージが強いですが、実は低価格な物から最高級品まで種類は豊富となっています。自分のイメージに合うもの、予算に見合ったものを購入することが最も大切な買い方とされているため、参考にしましょう。最も低価格なモデルは50万円台から存在していますが、中古品であれば更に低価格で購入できるといわれているため、手に入れやすいです。頑丈さや防水性に関しては他のモデルと変わりませんが、シンプルで装飾がないため、割安な価格となっています。特に日付表示がなく、文字盤のカラーバリエーションも1種類しかない上、素材は一番リーズナブルなステンレス製のものは安いです。機能性だけを追及したい場合にはこれだけでも十分と言えますが、ビジネスシーン用にクロノグラフや日付表示を求める人もいます。なお、日付表示のあるタイプは男女モデルとも存在していますが、ダイヤや金無垢をはじめ装飾性が高いのも特徴です。男性向けの大き目の文字盤のものは比較的高価格で、種類が多いため、機能を確認してから買うことが時計を生かすポイントといえます。男性向けの大き目の文字盤のものは比較的高価格で種類が多いため、機能を確認してから買って大切に使いましょう。